書のGIFTを支えるツール

2016-10-07

名前と詩を入れた書のGIFTを支えるツール達として、今回は「墨」について書いてみます。

書道では、墨、筆、紙、硯(すずり)の4つを使い文房四宝と言われています。

自分が使うこれらの道具がどこでどのように創られているのかを知りたいと思い、以前メーカーを尋ね職人さんの作業現場を拝見してきました。

墨の主原料は煤(すす)。それに動物のゼラチンである膠(にかわ)を混ぜて練り込み、型入れします。

この練りこんで型入れする工程が職人さんの仕事。

足で踏み、腕でこね、重量を測り、型入れする。この一連の作業が流れるように早く正確!

丁度、訪問した時に自分が使っている種類の墨を型入れしている最中だったのでとても嬉しく思いました!

墨の制作時期は、気温が低い秋から冬にかけてなのでこれからがシーズンインですね。

株式会社 墨運堂(奈良県)

img_5330%e5%9c%a7

 

Copyright(c) 2012 satoshi. All Rights Reserved.