字は口ほどに物を言う

2016-04-04

イベント書下ろしの時に使うサンプル作品(見本)を新たに制作。

サンプル作品はその時のベストのものを
作るようにしているけど、時間がたってくると
しっくり来なくなる。

字は美しくかっこよく書こうと思った時、
主張しすぎで逆にかっこ悪くなる。

筆に無駄な動きが出て、字にも顕著に表れる。

これが俗にいう字を見ればその時の心が分かるっていうやつ。

かといって気持ちを抑えて書けば字が生きず、単調なものになる。

今日は書いても書いても良いのができずかなり苦戦。

ようやく最後にできたものは、出来栄えがどうとかを手放して書いたもの。

大作を書いてる時もだいたい一番良い字になるのは、始めか最後だ。

明日は久々にCATVの取材。

個展のPRをしてきます。

 

Copyright(c) 2012 satoshi. All Rights Reserved.