金沢でアートな日。 ~今日の贈り物~

2012-05-22

今日も快晴~。

 

金沢に用事があったついでに

 

 

『金沢中村記念美術館』

 

『金沢21世紀美術館』

 

 

に行ってきました。

 

 

中村美術館は、昔の茶道具などが展示。

 

茶道具よりもこの庭にノックアウト(笑)

 

書家satoshi

 

 

こちらは、旧中村家。

 

周りは緑に囲まれていて、しかも川の音が
ごーーーーっと聞こえて何ともいえない気分に。

 

白い所は砂利なので歩くとまた良い感じ。

 

 

なんでお寺とか神社は砂利なんでしょうか?

 

意味を知りたいな~。

 

書家satoshi

 

この並木が新緑ですごく気持ちよかった~。

 

これを車でくぐったら中村美術館に到着です。

 

書家satoshi

 

 

さて、続いて。

 

 

いつかいつか行こうと思っていた

 

今やJAPANを代表する

 

『金沢21世紀美術館』にようやく行って来ました。

 

書家satoshi

 

 

さすがアートやな~。

 

エレベーターも違います。

 

書家satoshi

 

 

美術館は円形で360度こういうガラス張りなので
とても解放感があるのです。

 

この長椅子もステキ。

 

書家satoshi

 

 

これもただの茶色カーペットではなく
丘のように盛り上がっているのだ。

 

書家satoshi

 

椅子の個性的なデザインといい、ここにこれだけの数
必要なのかと思ってしまう・・・。

 

 

ノープロブレム。

 

すべてアート優先なのです。ホンマか?

 

書家satoshi

 

 

 

 

地下ギャラリーで、やっていた
長岡造形大学の創作椅子展。

 

これはおもしろいし分かりやすい。

 

書家satoshi

 

 

実際に座ることも出来ました。

 

書家satoshi

 

 

そしてメイン展示の一つ

 

「物質・移動・時間」を見ました。

 

 

広ーい展示室に、ポツンとテレビ3台あって
音のノイズを波形で永遠に流れてたり

 

真っ暗な部屋に、でかい画面で映像が流れてたり

 

これまた広い展示室に、グレーのガラス9枚と
鉄で作った作品1個がポツンとあったり

 

 

とかなりハイレベル?な展示でした。

 

 

一応、作品の意味を書いた説明書きがあるんだけど
それを読んでもチンプンカンプン。。。

 

アートな世界は奥が深い。

 

 

美術館の周りにあるアートもどんな意味があるのかな?

 

書家satoshi

 

書家satoshi

 

 

 

別室で展示されていた押し花教室の展示会。

 

これならすぐ分かるんだけどな~。

 

書家satoshi

 

 

いろんなアートに触れるだけ見る目も肥えてくるはず。

 

また違う企画展あれば行ってみよう☆

 

Copyright(c) 2012 satoshi. All Rights Reserved.