石巻行ってきました(6月便) ~今日の贈り物~

2011-06-29

今月も行ってきましたよ~。

 

4月から毎月行き始めて3回目。

今回は、初参加メンバーが半分以上の13名。

 

 

そして、行き先は宮城県石巻市のお寺「松厳寺」

 

ここは、4月に行った現場。

 

今回は直接連絡を取り合って行ってきました。

 

 

 

今回、松厳寺さんから

希望があったのがこの3つ。

 

 

1.住宅の床下泥出し

2.本堂の清掃

3プレハブへの畳搬入

 

 

早速、チーム男子、チーム女子に分かれて作業開始。

 

男子はもちろん床下の泥出し。

まずは床めくりから。

 

 


 

床が想定外に分厚く、いきなりピンチ。

 

でも、持って行った丸ノコくんが大活躍ッ!!!

 


 

ここでうえぽんからの名言。

 

「想定外も想定しとく」

 

パチパチパチ。

 


徐々に慣れてきて、どんどんめくる。

 

 

そして、うえぽんがどんどん切っていく!!!

大工かッ!!

 


 

いよいよここから泥出しスタート。

 

ヘドロ純度99.999999999%

 

 

 

 

富山のメッシこと池ちゃんが、かくかく!

 


すばらしい連係プレーでどんどん外に。

 

 

3部屋分のヘドロ。

1つ1つが笑えるくらいチョー重い。

 

 

泥出し後の様子。

 

 

こちらは、プレハブの中に畳の搬入。

形が違うからパズルのようで

頭を悩ませていました。

 

 

 

そして、こちらは本堂の清掃。

 

床下のヘドロはすでに撤去済みなので

床上のイス100脚以上を外にだしてから

床磨き。









 

 


これは仏壇前に置く大きな台。

磨いてピカピカに☆

 

 


広~い、本堂がきれいになりました。

 

 

 

他にも、チーム女子は近所のおばあちゃんの

お話相手をしたり、体をマッサージ。

 

 

 

松厳寺のなおこさんは、ボクらに地震当日

からの事をいっぱい話してくれました。

 

 

いつも笑顔でいつも明るいなおこさんも

実は、夜寝れないし、身も心もボロボロだと。

 

 

こうやって県外から作業しに来ていただくことが

とてもとてもうれしいし、その姿をみてまた

元気を力をもらえるって。

 

 

被災者の方は、僕たちみたいにたまに

作業しているのではなく、毎日毎日

被災現場と向き合っていかなければ

いけない。

 

本当につらいと思う。

休日はない。

 

来る日も来る日も復興作業。

 

 

 

でも、遠く離れた県の人たちが作業しに

来てくれるって、自分やったらめっちゃうれしい。

 

 

別に、被災地行って

「頑張って下さい」

なんて一言も言っていない。

 

 

そこに行くこと

そこで動く事

そこに物を届けること

 

 

が一番励ましになるんじゃ

ないかと思ってます。

 

 

 


これは富山から持っていった

今回希望のあった物資。

 

 

・キッチンハイター

・食器用洗剤

・蚊取り線香

・殺虫剤

・ハエ取り紙

・虫コナーズなど

 

 

現地では、今ハエが大量に発生しています。

あと悪臭もひどいです。

 

 

ボクらが行った日は、さいわい雨が続いていたか

臭いはほとんどありませんでした。

 

 

 

 

 

現在、ここの自治会では32世帯が

市から食料支援してもらっています。



毎日、夕方に届く食料。

弁当が夕食で、おにぎりが朝食。

 

 

 

これが、夕食の弁当。

 

 

夕方には、僕たちをねぎらうように

「虹」を見ることが出来ました!!!!

 

 

 

 

市内を一望できる日和山公園から。

 

 

1ヶ月前になかった、がれきを集めた山が見えました。

あと、廃車を集めて積んだ壁も見えました。

 

いつも来るたびに市内の景色は変わっていきます。

 

今回は、車とがれきがすごく少なくなっていました。

 

 

 

これからも復興作業ツアーは続けます。

 

 

 

毎回、メンバーは変わるけど初めて

会った人同士でもすぐに打ち解けるし、

すごいチームプレーで作業が出来る。

いつもそんな参加者の皆さんに

感動、感謝しています。

 

 

 

今後は、さらに被災者と参加者が現地で

楽しい時間を過ごせるような復興作業

ツアーを考えて行きたいと思います☆

 

 

 

Copyright(c) 2012 satoshi. All Rights Reserved.