森のクマさん街へ海へ ~今日の贈り物~

2010-10-20

 

今日の夕方、NHKとやまに出たsatoshiです。

 

なぜかというと、今日は石川県の熊森協会支部長の三井さんと

副支部長の奥野さんと3人で富山の山中へドングリをまいてきました。

 

今年は、例年以上に不作でドングリなどの餌がなくて

クマがたくさん山から出てきているんです。

 

昨日なんか、クマが海岸で目撃されたり、

親子クマが民家の近くで優々と歩いていたり。

 

でも、安全第一の行政(市)は

今日そのクマを射殺しました。

 

海岸のクマはまだ逃げています。

 

そんなクマを少しでも守るためにやっている活動が

街中のドングリを山中へ運ぶこと。

 

三井さんは、まだ若い主婦なんだけど

この活動を始めて5年。

 

山へ入ると人が変わりました。

 

動物の足跡、木種の見分け、木の匂いから

クマが通りそうな所を推測。

 

10kgのドングリを担いで、

手に持ってすたすたと急斜面を登っていく。

 

この人は、ランボーか!!!!!!!

 

結果、3人で80kgのドングリをまいてきました。

 

このドングリは石川県の会員の人が

公園などで拾ってくれたものです。

 

とても広い広い山の中。

 

そこでまいたドングリでは足りないし、

もしクマが見つけてくれなかったら・・・

 

「本当に意味があるのか!?」

 

とすごく思ったけど、三井さんの一点の迷いもなく、

ただただやり続ける姿が輝いていました。

 

「愛は言葉ではなく行動である」

マザー・テレサ

 

頼むから、今日まいてきたドングリを

クマに見つけて欲しいです。

 


















































 

Copyright(c) 2012 satoshi. All Rights Reserved.