日本の山 ~今日の贈り物~

2010-06-27

今日はちょっとマジメな話を。

 

昨日、金沢のNPO39アース主催で

中国内モンゴル植林報告をさせて

いただきました。

 

と併せて行われた、国内間伐ツアーの報告。

 

戦後、日本の山にたくさん木が植えられたけど

法律改正で海外から安い材木が輸入されるように

なったせいで、日本の山はどんどん放置されました。

 

細長く、密集した杉の木。

 

森に光が入らず地表の草がなくなり

生物も住めない状態に・・・。

 

日本の7割が森林でその7割が人工林。

0.7×0.7=0.49

 

国土の約半分が人工林やーんッ!!!(汗)

 

このままにしておいたら森林が

本来の機能を果たせなくなり

生き物は住めなくなり川の水も

枯れていく。

 

それは動物さんや未来の人に

申し訳ない。

 

だから森の手入れが必要なんですッ!!!

 

今回は、子どもからじいちゃん、ばあちゃんまでが

作業可能な皮むき間伐(きらめ樹)の方法について

聞きました。

 

木を切り倒さずに、表面の樹皮をむくことによって

木が乾燥し、枯れていくので木を切った事と同じに

なります。

 

切り倒したとしても、乾燥しているのでとっても軽く

加工(再利用)しやすーい。

 

日本の山の木をどんどん使えば輸入もしなくて済むので

世界の森を守る事も出来るんです!

 

この「きらめ樹」間伐をいずれ富山でもやって

いきたいなーと思っていまーすッ♪♪♪

 

 

さー、明日も

『あじさい祭り』で太閤山ランドにいますよ~

 

Copyright(c) 2012 satoshi. All Rights Reserved.